「エコ替え」は甚だしい偽善エコ! その2

 「エコ替え」は甚だしい偽善エコ!の話、もう少し続ける。

 一体何km乗ったら、製造時の環境負荷を燃費改善で取り返せるのかという疑問だが、製造時における環境負荷がどれだけ発生するのか正確なデータが分からない(こういうのは企業秘密だろうし)ので、「どれだけ乗ったら新車購入費を燃費改善で取り返せるのか?」で考えてみたい。

 まず、現在1リットルで12km走る車に乗っているとする。それを、1リットルで20km走る新車価格で総額250万円のクルマに乗り換えるとする。ガソリン価格は1リットル170円と仮定する。そうすると、何キロ走ったら元が取れるかは、下の方程式で求められる。

 (170/12)x - (170/20)x = 2500000

 これを解くと、

 x = 441176

 要するに、約44万km乗らないと元は取れないわけだ。「ハイブリットだったら燃費もいいし、節約になるかもね。」なんて思って買い換えても余計に金を食うだけだ。新車価格が仮に半分の125万だったとしても、約22万km乗らないと元は取れない。

 また、ガソリン価格160円/㍑で、燃費10km/㍑のクルマから20km/㍑の新車価格200万円のクルマに乗り換えても、同様の計算で約25万km乗らないと元は取れない。

 要するに、それ未満の距離しか乗らないならば、現在のクルマにそのまま乗り続けた方がずっと安上がりだし、エコである可能性すらある。

 あと、掲示板のスレッドにこんな書き込みがあった。プリウスとフィットを比較して、どれだけ走ったらトータルコストが逆転するかのいい目安である。

226万円のプリウスの燃費平均は21km/L
120万円のフィットの燃費平均は16km/L
車両の差額106万円

10万キロ走ると、消費するガソリンとガソリン代(160円/Lで計算)は
プリウス 4762L 76万2000円
フィット 6250L 100万円

10万キロ走った時点での支払い総額は
プリウス226万円+76万2000円 = 302万円
フィット120万円+100万円 = 220万円

15万キロ走った時点での支払い総額は
プリウス226万円+114万3000円 = 340万円
フィット120万円+150万円 = 270万円

20万キロ走った時点での支払い総額は
プリウス226万円+152万4000円 = 378万円
フィット120万円+200万円 = 320万円

プリウスは、燃費が良くても回生システム分(100万円)のモトは取れません。

 なるほどね。プリウスで元を取ろうと思ったらそれこそ30万km以上走らないといけないようだ。しかも10万km持たずに超高価な専用バッテリーを交換しなければいけないそうで、フィットと比べたら永久にコストパフォーマンスは逆転しないかもしれない。

 消費者にとって、不要不急のエコ替えなんて「エコロジーでもエコノミーでもない」ことは肝に銘じるべきだ。

 「本当のエコロジーかつエコノミーなエコ替え」は、クルマを手放して自転車に乗ること、100歩譲ってスーパーカブに乗ることだろう。

「エコ替え」は甚だしい偽善エコ!

 色んなところでエコエコと騒いでいるが、武田邦彦氏が『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』などの著書で、様々なニセモノの環境対策を暴露したように、世間には金儲けのため消費者心理を突いてエコをでっち上げていることも随分ある。無意味に関わらず観念的に環境にやさしいと思い込んで無駄な努力をしていることも多々あるだろう。レジ袋の削減やペットボトルのリサイクルや、マイ箸運動などが代表的なものであるが、ここでそれについて解説する気はないので、詳しくは武田氏の著書をお読みください。

※追記
武田氏の著作は、3冊ほど読んだが、感想としては正直かなり怪しい部分がある。ペットボトルのリサイクルなどはともかく、温暖化が進行しても大丈夫とか海面は上昇しないとかの部分は、実は何度読んでも納得いかない。特に、京都議定書の件などはかなり恣意的に思われる。今度、著作をじっくり読んで、間違いと思われる部分をブログで紹介するつもりだ。

 そんな中、トヨタがおかしなCMを流し始めた。まだ乗れるけどもっと低燃費な自動車に買い換えようという趣旨の内容だ。

エコ替

 正直、このCMには呆れるばかりだ。というか不愉快にすらなる。トヨタなる一流企業がこんな低レベルなCM流しているなんて・・・。

 一体どこの誰が、「そうだね。まだ使えるけどね。早速エコなクルマに買い換えましょうね。」ってなるだろうか?もし、そんな人がいれば知りたいくらいだ。

 買い換えた新車がいくら燃費が改善されたからと言っても、自動車の製造時に発生する環境負荷を考えなければ本当にエコロジーかどうかは分からない。「新車製造により追加的な環境負荷が発生するが、燃費の改善によって○○km以上走行したら結果的にエコロジーになる。」ことをはっきりさせない以上、こんなCMは企業の社会的責任(CSR)に反していると思う。

 もし、ある時点で車を買い換えるかそうでないかで考えよう。分かりやすくグラフでモデル化してみる。新型車を購入した時点で一定の環境負荷が生じる。だから、購入時点では旧型車の方がエコである。しかし、乗り続けるとすると旧型車は燃費が悪いので傾きが大きいので、ある時点で累積環境負荷が逆転する。その交点の年数使用して初めて新型車が晴れて環境にとってより負荷が少なくなるのである。

Photo

 もし旧型車であっても、あまり乗らなければグラフの傾きは小さくなる、そうなると交点のx軸座標も大きくなるか、永遠に交わらない場合も考えれる。そうならば、旧型車もエコである。

 さらに言おう。低燃費の新型車だからと言って余計に乗るようになれば、今度は新型車の傾きが大きくなって、かえって環境に負荷を与える可能性も考えられる。ヘルシーな料理だからといって、多めに食べて結局太ってしまうことと同じだ。

 グラフの交点が何年目にあたるか分からないが、だからと言ってまだ使える車を無理やり買い替えさせようとするトヨタのやることは所詮偽善エコでしかない。

 あ、そうか。エコロジーのエコでなく「エコノミー」のエコか。それなら納得だ。早く買い替えてもらったほうが儲かるからね。

 ただね、現場の低燃費化を推し進めてきた努力は素晴らしい。それは、しっかりと褒めるに値すると思っている。だからと言って、それを免罪符にしてさらなる消費を煽ろうとするのはどうかしているとしか思えない。

[参考サイトなど]

TOYOTA 「エコ替え」 (公式サイト)

エコ替え (学生自動車評論家)

「エコ替え」に誰もつっこまない件 (ネコの目Blog)

乗り換える事がエコなのか?「トヨタのエコ替え」 (ライカで撮る日常)

「エコ替え?」 (今日もクルマ観?日和)

4月1日 暫定税率失効によるガソリン、軽油のバーゲンセール状態に!

本日より、暫定税率が失効しガソリン、軽油の販売価格が一夜にして下がりました。

Img_4732

レギュラーでリッターあたり127円に。この価格だったのは随分前ですね。

Img_4733

南国市ネレウス向かいの交差点のセルフの給油所です。

多くのクルマで賑わってますね。買い控えをしていたのでしょう。

信号なしの横断歩道は横断歩道でないのか!!

本日、頭にきたことがあったので更新休止といいながら新しい記事を書く。いつものことながらマジで今回は頭にきてしまったからこうやってわざわざ書く!グチっぽくなってスマンが。

ある国道で信号がない横断歩道を渡ろうとした時の話である。その国道は、2車線で交通量は多くひっきりなしに自動車が通る。200mほど西にいったら信号がある交差点があるのだが、それではやや遠回りになる。

あ、ちなみにその時自転車ではなく純然たる歩行者としての話。歩行者として立場だからわざわざこう記事を書いているわけ。もちろん、道交法では、歩行者に対して譲歩優先義務があるので、横断歩道の手前ではたとえ信号機がなくても車両は停止して譲らなければならない。

そこで、渡ろうとしても全然止まってくれないのである。クルマの速度はそんなに出ていないにも関わらず(40km/hほど)。誰か良心的な方が止まることを期待して待っていた。が、期待は見事に裏切られ、16台連続で止まらなかった。

で、結局はクルマの流れが切れたときに渡ったわけ。歩行者の敗北である。いつものことと言ってもなんか悔しい思いが残る・・・。

自動車の方を見て、しかもドライバーの目を見ているにもかかわらずだ。「これからオレは渡るからな!」という態度を示しても誰も止まらない・・・。私が、見えていないことはないと思う。こっちが相手の目を見て目を合わせているから。

実力行使(すなわち横断歩道を無理矢理渡り出すこと)に踏み切ろうとしながら、そこまでする勇気がないことが悔しい。たまには、やることもあるが今回は失敗した。

次回は実力行使に出てやるつもりだが。もちろん、安全には最大限配慮して。もし、文句をいうドライバーがいるなら「ここは横断歩道だろうが!!!」とどやしてやろうと思っている。それくらいのことをしないと意識は変わらんだろう。

《参考サイト》

「横断歩道に信号がないと止まれない人の言い訳」

道路交通法(抜粋)

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない
2  車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
3  車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
第三十八条の二  車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号の二)

ガソリン価格高騰でやはり自転車利用は増えているのか

 前に、ガソリン価格が高騰してもそれほどクルマ利用から自転車にシフトしていないようだと書いた。

 ガソリン価格は上がっても・・・・

 しかし、さきほど検索していたら面白い記事を見つけたのだ。

 ガソリン価格高騰で衝突事故多発!? (Masquerade)

 この記事を見る限りでは、朝の通勤時間帯に目に見えて自動車が減り、随分と走りやすくなったとか。そして、自転車とバイクが目に見えて増えたと。それはそれで結構なことかもしれないが、今まで乗り慣れていなかった人たちが、自転車に乗るようになったので、ルール・マナーがいい加減で、事故が多発しているとか。確かに、普段自転車に乗ってないと、どこが危険であるか、クルマの動きにどう対応したらよいかというこうとが、なかなか分からないのは事実だ。

 私は、このガソリン高騰がクルマ依存社会を考え直すきっかけになることには歓迎するが、怖いもの知らずに無謀な状態で自転車に乗るのは歓迎しない。自動車から降りて、まだ自転車に乗り染めていない人の意識はこうだろう。

 「どうせ自転車だから適当でかまわんよ・・・・」

 だが、それがダメなのである。少しくらいなら自転車だからいいかと思うかもしれないが、全くダメだ!公道を走っている以上、しっかり義務と責任を果たさないといけない。こういう意識の自転車乗りが、歩道を爆走して歩行者を怪我させる可能性が高いのだ。最悪の場合、死に至る事故だって稀にだが発生している。

 とにかく、警察庁もだいぶ方向転換し、自転車レーンを拡充する方向のようだが、まだまだ自転車乗りのルールの悪さは変わっていない。そのでたらめなルール・マナーとは、

 ・逆走(車道を右側通行)
 ・無灯火
 ・携帯電話を走行中にいじる
 ・ウォークマン、ipod
 ・傘さし運転
 ・信号無視
 ・二人乗り
 ・並走
 ・歩道を驀進(しかも歩行者にベルを平気で鳴らすやつ多数)
 ・飲酒運転(罰則は自動車と同じ、5年以下の懲役または100万円以下の罰金)
 ・不適切な駐輪(さすがに通行の障害になるのは問題)
 ・整備不良(ブレーキがきかないのは大変危険)

などと、枚挙にいとまがない。

 いわゆる自転車ツーキニストなんかは、意識が高いのか自転車も一交通手段として模範的な乗り方をしている人が多い。一方で、先ほど上げたガソリンが高いから飲酒運転にならないよにと言うやつは概して意識が低い。どうせ”チャリンコ”だからという思想からだろう。歩道を走れるようになり、ママチャリが蔓延し、警察もそれほど指導・取り締まりしないということが重なって長い間にこのような意識が醸成されてしまった。

 自転車へシフトすることは、脱クルマ依存社会、CO2削減の観点から大いに歓迎しよう。しかし、その義務と責任は果たしてもらいたいと思う。

ガソリン価格は上がっても・・・

Img_2115

ガソリン価格がまた上がった。この写真は、高知県のあるセルフでないガソリンスタンドであるが、レギュラー147円と表示されている。セルフスタンドでも145円である。

ガソリン価格が上がって、自動車が必需品となっている地方では出費増を強いられている。 「エー!また上がるの!?金がかかってキツイ・・・」というのが大勢の感想ではないだろうか?

ところが、私からして不思議なのは、多くの人は、そうは思っていても相変わらず今までと同じように自動車に乗り続けていることだ。 「3km~5km程度の近距離移動なら燃料代のかからない自転車に乗ろう」となってもおかしくないはずだが、なかなかそういう動きが出ない。

高知で見た感じだが、ガソリン代高騰と言いながら、自転車に乗る人が全然増えていない。自転車を利用しようという動きがあってもおかしくないのに、その予兆すら全くない。高知なんか所得水準も低いにもかかわらず、そうはならない。いくらクソ暑いと言っても、むしろ不思議なくらいに思う。

いや、それどころかカーエアコンを控えようとすらなかなかならないのが現実だ。それだけ、自動車依存症になって、自動車を節減する発想に至らないのだろう。

とりあえず、計算を簡単にするために1リットル150円としよう。そして燃費は1リットル当たり15kmとする。そうすると、150円で15km走行することになるが、1kmあたりでは10円のガソリン代である。年間1万キロ走ったら10万円、2万キロ走ったら20万円のガソリン代がかかるという計算だ。

高知のような地方では、自動車を所有していたら年間1万キロは誰でも走ると思う。最低でも、年間10万円。高いと見るか安いと見るかは、人それぞれだと思うが、自動車を維持するのにはとにかく金がかかる。
購入費、税金、保険代、車検代、高速代、駐車場代・・・すべてを勘案するといったいいくら自動車に金をかけているのか・・・。

自転車の交通能力は、ママチャリレベルにとどまらない
25~30km/hで巡航し、15~20kmなら楽に移動できるポテンシャルを備えているのが本来の自転車が持っている交通スペックだ

いきなりは、20kmと言っても敷居が高いが、5km程度なら自転車に切り替えてみてはどうか。
燃料代の節約になるし、健康維持にも有効である。
このブログ記事を見た方、チャレンジしてみてはどうだろうか?

【参考記事】
クルマを捨てて歩く
車の削減なしにCO2削減は無理
・ガソリン価格の値上げは大変

川口市園児死亡事故再考

「クルマ社会を斬る!」とは、名の通りクルマ依存社会の問題について様々なことを扱っていきます。

mixiの[★車社会を否定したい人々★] コミュニティにも、ほぼ同じ内容で載せていきます。

まずは、2006年9月25日に、埼玉県川口市で発生した園児死亡事故の件について私が思っていることを載せます。11月24日に、死亡した園児4人の「お別れ会」が開かれたことですし。この機会に、色々とクルマ社会について考え直す、ささやかながら何かのきっかけになればと思うのです。

事故の概要は、幅員約6mの生活道路を、私立小鳩保育園の園児33人と引率の先生5人で公園まで行く途中、わき見運転の自動車に突っ込まれ、園児4人が死亡し、引率の先生1人を含む12人が重軽傷を負った事故です。

事故現場は、園児の泣き叫ぶ声が響き、血を流し、はね飛ばされて道路に横たわる子どもたち、あまりにも悲惨な状況であったそうだ。ああ、考えるだけでもツライすぎる光景。

運転中にカセットテープを入れ替えようとして、園児の列につっこんだということですが、ドライバーの過失(本当は過失なんて甘ったる過ぎる!)、安全意識の低さ以上に気にかかることがあります。運転中にこんなことをするなど言語道断なのは言うまでもないがね。

ここからが本筋。

それにしても、園児の散歩のときに、引率の先生が、

「クルマがきたよー ぺったんこして!」

って、園児を立ち止まらせ、道路脇に張り付かせ、クルマが通り過ぎるのを待つのって、よくよく考えたらおかしな話ではないでしょうか?

歩行者である園児たちが、待機させられ、自動車は速度も落とさず、側を通り抜けていく現実・・・・。日本は、どこまで自動車優先主義に洗脳されているのかと、情けなく思ってきます。

本来なら、自動車が、園児が通り過ぎるまで停止して待つべきではないか?より強大な運動エネルギーを持つゆえに、生身の人間、しかも人生まだまだこれからの幼い園児たちに、危害を加えてしまう可能性があるならば、最も安全な方法をとるのが社会の常識ではないのか??

もし、やむを得ず自動車が側を通るにしても、引率の先生が旗を持って、最徐行で安全に誘導すべきです。警備員を雇うことも考慮すべきでしょう。

次に、ドライバーにいくら気をつけろ、安全運転しろと繰り返し言っても、飲酒運転など厳罰化しても本質的な解決にはなりません。そもそも、そのような行動をあらかじめ抑止するシステムが不在ですから。

この事故の場合では、運転中に他の操作をすることを防止するシステムの不在、そのような安全意識の低いドライバーを輩出する免許制度などから根本的に見直さないといけないでしょう。

いや、カセットテープやカーオーディオの存在自体から問い直さねばならない。運転中にカセットを入れ替えるという行動が可能であり、それにより不適切な運転操作を招いてしまうこと自体が問題視されねばならないです。事故の直接の原因を考えると、

なぜ事故が起こったのか?⇒カセットを入れ替えようとしてわき見運転したから。

では、なぜカセットを入れ替えようとしたのか?⇒運転中にテープが終了し入れ替えたかったから。

なぜ、車内で音楽が流れるのか?⇒そんなの簡単だ。カーオーディオがあるからに決まってる!

少なくとも、この場合カーオーディオがなかったら事故は起きなかった。同種の事故を本当になくしたいなら、こういうところまで突き詰めるべきだ!走行するにあたって全く不要な機器であり、それが運転に気をそらす要因になるならば、その利用は制限されて当然ではないのか?災害用限定に最低限のカーラジオがあればいいのではないだろうか。

また、このような事故をなくすには、飛行機みたく副運転手を助手席に乗せつねにドライバーの行動を補佐・指導する、鉄道の運転士みたいにドライバーの管理を厳格にする、抜き打ちで運転審査官が同乗して指導するなどしないといけないでしょう。

そもそも、生活道路にクルマを入れることに対してもっと慎重にならないといけないですね。これは後ほど詳しく述べることにします。その道路の状況は、

近所の人によると、事故があった路地は信号機がない「裏道」で、近道として利用するドライバーもいるという。「こんな狭い道なのに40~50キロぐらい出して走る人もいて、何度も怖い思いをした」と憤る女性もいる。

とのこと。これは、また別の機会に譲ります。語りだしたら文章が3倍くらいにふくれあがるでしょうから。

最後に、亡くなられた園児4人のご冥福を心からお祈りします。

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

プロフィール

最近のトラックバック

土佐人のブログ

無料ブログはココログ