« 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[103] オートワンデイ体験レポート(その2) | トップページ | 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[105] オートワンデイ(エリア定額運賃)の安心感 »

高知からクルマ依存交通社会を問い直す[104] オートワンデイ体験レポート(その3)

前回の記事の続きでオートワンデイレポートの最終回に入る。

9・愛宕経由イオンモール線(帯屋町→イオンモール)

堺町で下車した後、帯屋町バス停まで移動してイオンモール行きのバスを待つ。15時57分の定刻にやって来た。

Img_7922

Img_7924

乗車時には9名の乗客が乗っていた。男性はそのうち2名。

Img_7925

途中でどんどん下車して行きイオン到着時には3名まで減っていた。肝心のイオンモールへの交通手段としてはそれほど活用されていない?

10・宝永町経由イオンモール線(イオンモール→宝永町)

1時間ほどイオン1Fのコーヒーショップで休憩後、宝永町経由のイオン線に乗る。16時57分発で定刻に出発。

Img_7931

乗車時の乗客は女性が2名。途中で1名の女性が乗ってきた。

宝永町で下車して、今度は知寄町方面へのバスを待つ。

11・十津団地線(宝永町→知寄町二丁目)

ちょうど来たのが、土佐電ドリームの十津団地線十津団地行き。それに迷わず乗る。

ちょっと慌てたので写真も撮っていないし、乗客数も特に数えていないが、帰宅時間帯なのでそこそこ乗っていたように思う。しかも、乗車時にカードを通し忘れ現金で払うハメになってしまった…。

知寄町二丁目で降車して、今回はここで終わり。

《まとめ》

今回のオートワンデイで様々なバス路線に乗ってみたが、高知市内を走るバス路線の厳しい側面がいっそう感じられ、考えさせれた。

まず、どのバスも乗客が非常に少なく10名以下の場合がほとんど。しかも、高齢の女性に偏っている。もはや、市民の気軽に乗れる足としては機能しておらず、公共交通機関というよりは、自動車や自転車に乗れない交通弱者の救済手段に陥っているのが現状の姿である。

普通に考えたら、宇津野みたいな市街地内からちょっとした離れてない場所で1時間に1本しかないなど、利用しようとはまず思わない。時刻を頭に入れて行動しようとも普通思わない。黙って自転車にでも乗るのがもっとも合理的な行動だ。

それが、10分に1本以上運行され他の路線とも運賃通しが可能なら話は違う。俄然乗る気になる。なんだかんだ言ってバスはバスで便利な乗り物だから。

そして、このオートワンデイサービスは使えるか?

結論から言うと、路面電車と平行する部分と高知駅BT~比島橋間では本数が多いので使えるが、その他の路線では厳しいのではないかと思う。やはり、本数が少ないし路線体系を理解していないと使えない。

今回にようにあてずっぽに乗るのらいいが、いざはりまや橋付近から宇津野や奥福井、金田橋、石立方面へ行こうとしても、待てばすぐ来るという本数はないのでやはり厳しい。これはオートワンデイ云々ではなく、路線体系と運行ダイヤという根本の問題である。

路面電車平行部分だけを利用するなら、電車の市内1日乗車券(500円)を買えばいいということになる。

宇津野や万々、奥福井、イオン付近の住民が電車通りまで出て、桟橋や知寄町、旭町方面へ用事がある場合は利用価値があるが、如何せんこの場合でも本数の少ないという問題がつきまとう。

はっきり言うと、今のオートワンデイサービスは気休め程度にしかなっていない。

もう少し対象範囲が広ければ活用されるのではないだろうか。高須、一宮、土佐道路、朝倉方面から市内へ行く場合は、正規運賃での往復となる上、イオンモール線などへ乗り換えようとすると別途往復運賃380円が必要になる。となると、はなから利用することをあきらめて自転車やクルマでというオチになってしまう。

路面電車が対象外なのが決定的な弱点だ。認知度が低いのはこのせいだろう。電車も対象なれば、利用価値はぐっと上がるが、これで利用者が回復し増収につながるかと言うとはっきり言ってこれだけではまだ弱い。

リスクをなるべく回避しつつ、利用者数を回復させるにはどこから着手すればいいのか?いろいろ書いてきたが、相当な難問である。

部分で改善しても全く効果はない。エリア全体で一気に改善しないと劇的な効果を発揮しない。問題の根幹はここにある。

今度は、朝のラッシュ時間帯から乗ってみようと思っている。

〔高知からクルマ依存交通社会を問い直す一覧〕

« 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[103] オートワンデイ体験レポート(その2) | トップページ | 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[105] オートワンデイ(エリア定額運賃)の安心感 »

高知からクルマ依存交通社会を問い直す」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103591/37833182

この記事へのトラックバック一覧です: 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[104] オートワンデイ体験レポート(その3):

« 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[103] オートワンデイ体験レポート(その2) | トップページ | 高知からクルマ依存交通社会を問い直す[105] オートワンデイ(エリア定額運賃)の安心感 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

プロフィール

最近のトラックバック

土佐人のブログ

無料ブログはココログ