« 夜須町羽尾という桃源郷(その1) | トップページ | 夜須町羽尾という桃源郷(その3) »

夜須町羽尾という桃源郷(その2)

夜須町羽尾という桃源郷(その1)の続きです。

前述の狭くて長いくねくねした峠道を走っていると「もうすぐ海が見えるよ」って書いてある手作りの看板があらわれます。そこからしばらくすると・・・・。

Img_6577
(拡大できます)

そうです! 谷間から海が太平洋が顔をのぞかせます。「こんなところまで上ってきたのだなぁ」って思える瞬間です。でも、本当にこの先に集落があるとは到底思えませんが。

また、しばらく走ると・・・・。

Img_6579
(拡大できます)

眼下に夜須平野と太平洋が広がります。2009年6月6日撮影。

Img_6622
(拡大できます)

翌日に撮った写真です。そこから、ちょっと走ると峠に至ります。

Img_6583

峠の三叉路。右へ行くと羽尾へ至ります。

Img_6625

手作り感溢れる看板はやっぱりホッとしますね。「よう来たね」って声をかけてもらえると、ここまで来た甲斐があったと思えます。

Img_6587
(拡大できます)

峠を過ぎて少しすると下り坂になって、羽尾の集落に到着です。さっきまで走ってきた険しい峠道がウソのように開けたところに出ます。標高は350mほどの盆地の山村集落です。

Img_6596
(拡大できます)

初夏の羽尾集落。山の緑と青々した空が美しい。写真はいずれも2009年6月に撮ったものです。

Img_6589
(拡大できます)

田植えしたばかりでした。海岸部では3月下旬ごろには田植えするので、実に3ヶ月以上も遅いです。それだけ気候も違うのでしょうか。

Img_6631
(拡大できます)

Img_6628_2
(拡大できます)

Img_6630
(拡大できます)

本当に静かで、空気もきれい、川もきれい、水路も自然石のままで、羽尾をとりまく全体が美しいです。心を癒してくれます。

残念ながら、私のヘタクソな写真ではその魅力を十分伝えることはできませんが(笑)

いや、羽尾の魅力はこれだけではありません。羽尾地区の看板とも言える「羽尾大釜荘」にこそ、その魅力があると言っても過言ではありません。

続編の夜須町羽尾という桃源郷(その3)で詳しく解説していきます。

« 夜須町羽尾という桃源郷(その1) | トップページ | 夜須町羽尾という桃源郷(その3) »

高知県香南市夜須町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103591/33045957

この記事へのトラックバック一覧です: 夜須町羽尾という桃源郷(その2):

« 夜須町羽尾という桃源郷(その1) | トップページ | 夜須町羽尾という桃源郷(その3) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

プロフィール

最近のトラックバック

土佐人のブログ

無料ブログはココログ