« 高知から持続可能な交通を実現する(69) 「マイカーの維持コストは年間50万円以上」 | トップページ | 「高知の湘南 夜須町」 <第五弾> »

「高知の湘南 夜須町」 <第四弾>

「高知の湘南 夜須町」シリーズ久々の更新、ついに第四弾に入ります。

Img_2491
(画像は拡大可能です)

西山の八幡様の裏側にある岡の上から見た景色です。ここは地元の人もなかなか知らないと思う穴場の眺望点です。やっぱり夜須の海は美しいです。

Img_2492
(画像は拡大可能です)

同じ場所からです。夜須の平野にはビニールハウスが広がっていまして高知の園芸地帯としての地位を確立しています。ただ、ビニールハウスも化学肥料もボイラーも石油資源を使うので資源多消費型農業ではありますが…。

Dsc06019
局長のブログ 羽尾の長谷寺を訪ねてより)

夜須の最も山奥の集落「羽尾(はお)」の近くにある長谷寺付近からの景色です。羽尾は夜須川と違う水系で細い山道を登って峠を越えなければなりません。標高は350mの小さい盆地にある集落ですが、現在はほとんど人がいません。昔は小学校もありましたが昭和54年に廃校になりました。追々、羽尾についても紹介していきたいと思います。まさに絶景、大パノラマですよ!

Img_2699_2
(画像は拡大可能です)

お馴染み大峰山の林道より。漁港のある集落は住吉地区です。こじんまりとした風情のある街並みです。本当に色んな場所から海を見ることができるのが夜須の魅力だと思いますね。

Img_3883
(画像は拡大可能です)

2008年元旦の朝に初日の出を拝んだ際に撮影。同じく林道より。

Img_3882
(画像は拡大可能です)

同じく2008年元旦の朝に同じ場所より、香南市野市方面を望む。この日は四国山地の山々は雪化粧していました。

Img_3888
(画像は拡大可能です)

こちらも2008年元旦に撮影。下の港は手結外港で向こう岸は赤岡町です。気温が低いのか海面からは湯気(?)が立っていました。

Img_3891

2008年元旦朝の手結内港です。

まだまだ、続きますね。

地元在住や出身者の方々こそもっと夜須の価値や魅力を再発見して欲しいと切に願います。

« 高知から持続可能な交通を実現する(69) 「マイカーの維持コストは年間50万円以上」 | トップページ | 「高知の湘南 夜須町」 <第五弾> »

高知県香南市夜須町」カテゴリの記事

コメント

 日立金属製のSLD-MAGICという自己潤滑性工具鋼が学会講演などでトライボロジー的に結構脚光を浴びているんだけど、自転車部品には応用されているのでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103591/23570418

この記事へのトラックバック一覧です: 「高知の湘南 夜須町」 <第四弾>:

« 高知から持続可能な交通を実現する(69) 「マイカーの維持コストは年間50万円以上」 | トップページ | 「高知の湘南 夜須町」 <第五弾> »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

プロフィール

最近のトラックバック

土佐人のブログ

無料ブログはココログ