« やすにんぎょちゃん・クリスマスバージョン | トップページ | 遍路道沿いの「茶箸工房 はるの茶屋」 »

高知から持続可能な交通を実現する(27) 「『土佐ローカリズムちや』の記事について(中心市街地の魅力向上案)」

 最近になって見つけたブログ「土佐ローカリズムちや」。どうやら高知県出身で東京在住の方のようだが、文章は土佐弁で書かれており、内容もなかなか面白い。

 さて、私が出演したラジオ番組を引用し、その内容に関して記事でコメントしているので一通り読んでみた。

 高知市中心部の価値醸成

 ハゲタカがやって来た

 こうやってきちんと評価していただける方がいると正直嬉しい。私がこれまでアップした記事は、長文が多く読むのにも苦労するためかコメントは少ない。こうやってわざわざ記事に取り上げていただいて本当に光栄である。

 さて、記事の内容であるが、まずどういうビジョンを持つかということは最も大事なことで同感だ。巨大モールや大学を持ってきて活性化なんて、本当に発想が貧困だと言わざるを得ない・・・。そんなんでは、本当の活性化にはつながるわけはない。ただし、私でも一体どうやって高知の中心市街地を蘇生させたらよいのか、的確な答えはみつからない。かつてのにぎわっていた時代に戻すにしても、それが現在に通用するかどうかも分からない。かなりの難題だ。特効薬みたいなものは、おそらくないと思われる。

Dh000046
(帯屋町アーケード街 2004年1月5日撮影)

 公共交通の再構築はその一手段であるが、それだけでは無理である。なぜなら、中心市街地そのものに魅力がなければいけないからだ。行くための目的がなかったら、いくら公共交通が便利でも、駐車場があっても、よほどヒマでたたブラブラするのでなければ、絶対に行こうとしない。

  西武、ダイエーも撤退し、大丸も撤退の噂が絶えない。映画館もすべて撤退した。おびさんロードは街路を綺麗にしたおかげか、特定のブランドを扱ったショップや美容室が多く立地しファッションストリートして一時期は活況を呈したが、それも現在ではごく少なくなり寂しくなっている。

 10年くらい前までは高知市の中心市街地は独特の貫禄を持っていたように思う。私が中学・高校の時は「街へ行く」ということが、一種のステータス?みたいな雰囲気があったが、今ではそんなことは全くないようだ。年齢を重ねたのか、時代が変化した(今の高校生は「イオンへ行く」がステータスになっているかも?)のかは不明であるが・・・・。いずれにせよ「お街へ行く」という言葉の重みが随分と薄れた感じは否めない。街は文化そのものであった。

 その結果というか、イオンが開業してから見る見るうちに寂しくなってしまった。それも時代の変化だから仕方ないとあきらめていいのだろうか?郊外が便利だからそれでいいのだろうか?

 私は、それはあまり良くない現象だと思っている。自動車依存では、エネルギーを浪費し環境負荷を増大させること、自動車に乗れる人しか利便性を享受できないこと、街はそこに住む人のものだけではないこと、高知の特色がなくなりアイデンティティが失われること、など実は郊外化は様々な問題を抱えている。歩ける範囲内にお店や施設がなくなり、歩いて楽しい街という選択肢がなくなるのは極めて問題だ。

 もっと街自体が魅力的にならなければいけないと思う。現在の高知市の中心市街地は、荒れ気味であまり楽しい街では明らかになくなっている。郊外に拡散したものを再集積させて賑わいを取り戻すこと、郊外と差別化を図ること、素敵で楽しいお店が増えることがその秘訣であろうが、それをどうやって実行していくかは、なかなかわからない。

 下のリンクは、オレゴン州ポートランドの中心市街地の様子である。この街の魅力は一体どこから来るのだろうと思うほど、写真からも都市が持つ魅力が伝わって来る。高知市も特色を生かしながらこんなにステキな街になってもらいたいと思う。むしろ県や市の関係者は、ポートランドに視察に行って高知のまちづくりに反映すべきだ。

 《ポートランド中心街を走るLRT・MAX》

 Photos 301-320 of 612  Photos 321-340 of 612

 Photos 341-360 of 612  Photos 361-380 of 612

 Photos 381-400 of 612  Photos 401-420 of 612

 Photos 421-440 of 612  Photos 441-460 of 612

 他にも市街地の様子が分かるリンクを紹介する。

 シアトルウオーカー:サンディがお届けするホットなシアトル情報

 ポートランド都心部ガイド

 コンパクトシティ、ポートランド

 渡辺葉のポートランド通信

 また、ポートランドの魅力が伝わるYouTubeの映像も載せておく。高知から持続可能な交通を実現する(7)でも同様に載せているので、そちらも参考にしていただきたい。高知もこうやって、意欲的な個人が高知を紹介する映像を作成して世界に発信してもらいたいと思う。日曜市、おびさんマルシェ、よさこい、柳町、高知城、路面電車、四万十川、ヤシィパーク、野良時計、ごめん・なはり線の車窓など色々とネタはあるだろう。

HELLO PORTLAND!

my trip in portland.

A Day In Portland

〔高知から持続可能な交通を実現する一覧〕

« やすにんぎょちゃん・クリスマスバージョン | トップページ | 遍路道沿いの「茶箸工房 はるの茶屋」 »

高知からクルマ依存交通社会を問い直す」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
ご紹介頂きありがとうございます。
リンク貼らせて頂きました。
こちらの記事も興味深く
自分の妄想(?(笑))とリンクしてくる部分もありますので
さらに突き詰めたいと思います。

■中平さん

リンクありがとうございます。
こちらからもリンクしました。
今後ともよろしくですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103591/9350591

この記事へのトラックバック一覧です: 高知から持続可能な交通を実現する(27) 「『土佐ローカリズムちや』の記事について(中心市街地の魅力向上案)」:

« やすにんぎょちゃん・クリスマスバージョン | トップページ | 遍路道沿いの「茶箸工房 はるの茶屋」 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログランキング

プロフィール

最近のトラックバック

土佐人のブログ

無料ブログはココログ