« 書籍紹介(3) 『クルマを捨てて歩く!』 | トップページ | CYCLE MODE international 2006 »

書籍紹介(4) 『戦争って、環境問題と関係ないと思ってた』

『戦争って、環境問題と関係ないと思ってた』
(田中優 2006/05 岩波ブックレット)

内容(「MARC」データベースより)
ぼくらは「敵」なるものから自分を守ろうとして、自分の住む地球という惑星そのものを破壊しようとしているのだ。戦争、そしてその準備のための軍事開発による環境問題、戦争をカネに変える方法などを取り上げ解説。

<管理人のコメント>

タイトルを見て、さらに中身を読み進めると頭をガツンと殴られたような、ハッと我に返るような強い印象が残る。

タイトルの通り、オゾン層破壊、砂漠化、酸性雨、生態系の破壊・・・と様々な環境問題に関心を持つ人は多いけど、戦争自体にまで目を向ける人は少ないのではないだろうか?

実際、戦争は最大の環境破壊だ。まず、軍備は戦闘に勝つことのみを追求しているので、環境などまったく考慮されない。戦車の燃費はわずかリッターあたり200mだという。
さらに、劣化ウラン弾、高高度核実験による電離層破壊、さらに恐ろしいことに兵器の人体実験まで・・・枚挙にいとまがない。
戦争は、環境に対する地道な努力を、一瞬にして無駄にしてしまう凄まじい環境破壊なのである。本文には、

 「戦争を肯定する限り、ぼくらに未来はない」

とある。

イラク戦争自体も、大量破壊兵器というのはでっちあげで、真の理由は石油資源で、そのために侵攻し、軍需産業が潤い、軍需産業に投資会社を経由して投資した権力者たちが、莫大なカネを得る・・・・・。
さらに、その戦費は、日本の銀行預金や郵便貯金からも調達されていたと・・・・・。
そう、これは他人事じゃない。私たちも真剣に受け止めないといけない問題だ。 呑気に、ガソリンがぶ飲みするクルマを乗り回している場合じゃないぞ。

« 書籍紹介(3) 『クルマを捨てて歩く!』 | トップページ | CYCLE MODE international 2006 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

自動車に結びつけるあたりがやっしーくんらしくて笑いました(笑)
でも、ほんとにそうだよねー。

環境に悪いことをわかりつつ、知らん振りして自動車乗り回すのは、いじめを見てみぬフリするのと同じかもしれないね。
・・・とは言っても、明日から自動車を捨てるのはなかなか難しいけど・・・うーん。車も好きだし。

911の話もそうだけど、命を大切に思わないひとが世界の鍵を握っているのは、本当に恐ろしく、哀しい話だと思います。

>もっくん
コメント、どうもありがとう☆
mixiにアップしている自分のレビューに、自動車に結びつけた一文を付け加えて見ました。早速、その意図を汲み取ってコメントとはさすが!
都市計画を専攻する学生ですら、その分野の研究と、自分たちがクルマに乗ることは、
「それとこれは別」って感じですからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103591/4189977

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍紹介(4) 『戦争って、環境問題と関係ないと思ってた』:

« 書籍紹介(3) 『クルマを捨てて歩く!』 | トップページ | CYCLE MODE international 2006 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランキング

プロフィール

最近のトラックバック

土佐人のブログ

無料ブログはココログ